今を知ろう。未来のために。

CHART project® for SDGs

わたしたちの2030年に思いを馳せる。
それは知ろうとすることから始まります。

わたしたちが抱える問題は複雑で多様です。
「いま解決できること」には、わたしたちが
アクションを起こさなければなりません。

「いま解決できないこと」には、世代を超えた
テーマとして時間をかけて追いかけていかなければなりません。

SDGsの基本理念である「誰も置きざりにしない」
社会の実現にむけて。

今を伝えたい。
未来を創るために。

「CHART project® for SDGs」とは

「CHART project®」とは社会課題を表すデータのチャート(グラフ)の線だけを残し、アート作品に変える取り組みです。「CHART project® for SDGs in KANAZAWA」は、SDGsに関連するグラフデータを活用し、SDGsが達成された「未来」を、石川県内のアーティストとともに描き、目標達成に向けた啓発活動を行います。

SDGsとは

SDGsは、「Sustainable Development Goals」の略称です。和訳では、「持続可能な開発目標」という意味です。2015年9月の国連サミットで採択された国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

日本では2016年5月20日、安倍総理が本部長、すべての国務大臣がメンバーになり、第1回「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合」が開催されるなど政府や経団連など様々な団体が取り組みをスタートしております。

CM動画アーカイブ